空水ビオファーム

 空水ビオファームは、山梨県北杜市、八ヶ岳南麓、および岐阜県郡上市にある、主に野菜や小麦を栽培している農園です。

地球環境を出来るだけ壊さないというポリシーを貫くために、化学農薬はもちろん、生物由来農薬、化学肥料、有機肥料を使用せずに、栽培に取り組んでいます。

農園で栽培した野菜の出荷はもとより、主に無肥料栽培の技術を伝えるために、全国にて無肥料栽培セミナーを開催したり、遺伝子組み換え作物に反対するために、講演等も開催。

そのほか、農業イベントや農業以外のイベントも数多く主催しており、上映会なども定期的に行っています。

また、現在、シードバンクの立ち上げを準備中で、プロの農家だけでなく、家庭菜園の方にも種を残す運動を広げています。

 


たねのがっこうをスタート!

2018年春!岐阜県郡上八幡で「たねのがっこう」がオープン(オープンは予期せず延期される場合があります)

会員登録された方は、種を保存あるいは領布が可能なシードバンクです。品種は問いません。プロ農家だけでなく、家庭菜園の方でも自由に種を残せます。(年会費制)

※詳細はこちら
https://www.soramizu.com/たねのがっこう/

★入会費用
2018年、スタート時の会員種別は以下の通りです。

■シードバンク会員入会費 3000円
初年度のみ。退会後の再入会時には入会金が必要です。

■シードバンク会員 月額500円×12か月=6000
シードバンク運営費用に利用させていただきます。種子の受け渡し条件は別途お知らせします。

■シードバンク構築支援金 一口3000円(10口まで)
シードバンク設備構築のための支援金となります。ご支援いただけると大変助かります。ご支援いただいた方には、シードバンク開始後に、お礼の品をお送りいたします。
★初年度は種保管場所の構築、什器、保管庫と、運営費として利用させていただきます。


★お支払い方法は、クレジットーカード、Paypal、コンビニ払い、キャリア払い、銀行振り込みとなっています。

★会員登録と支援金支払は別途となっております。

お支払いいただいた費用は、シードバンク「たねのがっこう」の建物の補修費用の一部として利用させていただきますが、居住部分等、インフラ設備、景観のための外観補修費用などは、全て、自己資金とチームまちや様、庄村米穀店様の資金で賄っております。

※シードバンク会員申し込みアドレス(2017/10/7 8:00~募集開始)
https://okamoto-s.stores.jp


直近:講演情報

「国際シンポジウム2017 たねがいのちをつなぐ 〜Seeds Sustain Lives〜」2017.10.07

種の国際シンポジウムです。僭越ながら、登壇させていただきます。種を守るためのとても大切な事をお話しします。万事お繰り合わせの上、是非足をお運びください。

講演・セミナーの詳細は以下のFacebookページをご確認ください。
https://www.facebook.com/yoritaka.seminar/